さあ、あなたもウィンドウトリートメントしましょ

window_treatments
1人っ子ということもあり、多少無理をしてもいい教育を受けさせてやりたいと、娘を中学受験させました。努力の甲斐あり、娘は市内でもちょっと有名な、私立の中高一貫校へ無事入学。お金持ちの子女ばかり集まるのではないか。そんな不安を抱きつつも、娘の中学生活はスタートしました。入学してみると確かにお金持ちは多いですが、我が家のような庶民と思われる家庭のお嬢さんも沢山いらっしゃり、私はPTA役員を引き受け、積極的にママ友を作る努力をしました。その中の1人にとてもセンスの良いママ友が居るのですが、その方は結婚前は、インテリアコーディネーターをなさっていた方でした。

学校行事を通じて仲良くなり、何人かのお宅へ行き来するうちに、その元インテリアコーディネーターだった方に、インテリアのアドバイスをしてもらうというのが流行り出しました。もちろん嫌味な感じではなく、信頼しているママ友だからアドバイスをお願いする、アドバイスしてあげるという感じです。大金をかけなくてもインテリアのイメージを変える方法の中には、窓ガラス周辺の装飾を演出するというものがあります。そのことをウィンドウトリートメントと言うということも、初めて教えてもらいました。彼女のアドバイスは本当に親切で、買いたすアイテムも安くて有名なイケアやニトリなどで調達できるものばかり。ちょっと窓ガラス周辺を変えるだけで一段とリビングがお洒落になったので、夫や娘からも喜ばれました。

それまではカーテンなんて、窓ガラスを通じて外からの視線や直射日光を防ぐ布という認識でしかありませんでした。それが、彼女のアドバイスに沿ってカーテンを変えただけで、窓ガラスが一緒に、部屋のイメージを決める素晴らしいインテリアになったのですから、インテリアコーディーネーターという職業の方を、改めて凄いなと感じました。

Post Navigation