窓の近くってどうして寒いんだろう

mado_samui
息子の幼稚園で親睦会があり、私は幹事をすることになった。同じクラスの数人のママさんたちと一緒に企画したり買い出しをしたり打ち合わせをしたり、準備は大変だったけれど、結局その親睦会は盛り上がり、大成功で終えることができたのだった。

一緒に幹事をした数人のママさんたちと仲良くなり、一人のママさんの家で打ち上げをしようということになった。そこで日を決めて、一人一品ずつの手作り料理やジュースなどを持ち寄り、ちょっとしたパーティみたいな感じになった。そのママさんのおうちは、ご主人の実家から譲り受けたものだそうで、築40年近く経っている古い造りのものだ。子供がもう少し大きくなったら建て替える予定だそうで、壁やふすまは落書きだらけ、きっと家の中で子供たちは自由にしているんだろうなーというのが伺える。みんなでも持ち寄った料理もおいしく、話も弾み、とても楽しい会になった。

だけど一つだけ、その日は寒の戻りなのか肌寒い日で、私は窓側の席に座っていた。最初は気づかなかったけれど、だんだん腰のあたりが冷えていることに気づいた。ある程度仲がよければ「寒いから何か羽織るものを貸して」と言えるのだけど、まだそこまで気さくな関係でもない。かといって持ってきたコートを羽織るのもこれみよがしな感じがするので気が引けた。

結局その打ち上げの間、我慢するという選択をした私は、案の定、家に着いてからお腹を下してしまい、大変な思いをしてしまったのである。窓の近くってどうしてあんなに寒いんだろうか。もしまた同じような会にお呼ばれされることがあったら、今度は窓から一番遠い席に座ろう。今日一つ、学んだことである。

Post Navigation